過払い金の無料相談実施中。過払い金は取り戻す事が出来ます。

グレーゾーン金利について

過払い金の発生に大きく関わってくるのが「グレーゾーン金利」です。

では、この「グレーゾーン金利」とは一体何の事でしょう。まず下の図をご覧下さい。
※平成22年6月18日の改正貸金業法完全施行により、出資法の上限金利が20%へと引き下げられました。
これにより、上限金利は利息制限法の水準(借入額に応じ15%〜20%)となり、新規の借入れによるグレーゾーン金利は撤廃されたと言えます。
今後新たに、20%を超えた貸し付けを行う業者は、出資法違反で刑事罰が課せられます。
なお、改正前の借入の場合は、刑事罰の対象ではありませんが、利息制限法に従って金利を計算し直す事ができます。(後述)


■金利の上限■

10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上
年20% 年18% 年15%


これは「利息制限法」に基づいた上限金利です。利息制限法では上図の上限を超えた金利は無効としています。

また一方で「出資法」と呼ばれるものがあり、これまで出資法では、上限金利を29.2%としていました。(平成22年6月18日に改正貸金業法の完全施行となり、現在は上限金利が20%となっております。)
この「利息制限法」と「出資法」の2つの上限金利の差がいわゆる「グレーゾーン」と呼ばれています。
これまで、「利息制限法」が罰則規定を設けていなかったために、多くの貸金業者がこれを守ってきませんでした。そのため、この「グレーゾーン」と呼ばれるものが存在してしまっています。

引き直し計算

例えば、100万円を借りた場合、利息制限法の上限金利に基づくと15%ですが、出資法に基づくと29.2%の上限金利というわけです。
利息制限法を超えた金利は無効となりますので、もし、利息制限法で決められた利息を超えて利息を請求されてきたのであれば、利息制限法の利息で計算し直す必要が出てきます。

引き直し計算というのは、業者からこれまでの全部の取引履歴を開示してもらい、その履歴をもとに計算します。
引き直し計算をすると、利息制限法を超えた部分(超過利息)の返済は元本の返済として扱われます。
この結果、元本が減る・もしくは完済することになります。
さらに元本を超えて支払った超過利息が過払い金となり、取り戻す事できるというわけです。

対応地域

関東全域

東京都
立川市、昭島市、八王子市、国立市、国分寺市、日野市、調布市、府中市、多摩市、東大和市、東村山市、武蔵村山市、福生市、清瀬市、東京都23区内、東京都三多摩エリア、他全域
山梨県
甲府市、上野原市、大月市、都留市、他全域
神奈川県
横浜市、川崎市、相模原市、他全域
千葉県
千葉市、柏市、習志野市、他全域
埼玉県
さいたま市、川越市、所沢市、他全域
茨城県、群馬県、栃木県

上記エリア以外の方からのご相談もお待ちしております。

MENU

トップページ 過払い金とは? 過払いQ&A グレーゾーン金利について みなし弁済について 過払い用語集 過払い事例 改正貸金業法 事務所案内 お役立ちリンク集

事務所

・OFFICE
エール立川司法書士事務所
司法書士 萩原 啓介

・ADDRESS
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-10-5
大雅ビル2階

・TEL
042-533-4711

・MAIL
soudan.s@air-tachikawa.com

・URL
http://www.air-tachikawa.com

・LOCATION